更新情報

2014-07-18
格安航空券の常識の情報を更新しました。
2014-07-16
時間に余裕を持っての情報を更新しました。
2014-07-16
格安航空券で知ってかなければいけないことの情報を更新しました。
2014-07-16
荷物は無いと思えの情報を更新しました。
2014-07-16
座席指定にこだわるなの情報を更新しました。

格安航空券の常識

沖縄観光は格安航空券を使うと一般的な旅行代金よりもはるかに安く楽しむことができます。
一般的な航空券とは違って機内サービスなどに制約があっても、魅力的な価格であることに変わりはないと考える方もいるのではないでしょうか。

ところが利用方法を理解せずにいると、ノーマルチケットと同じくらいの追加料金が発生することになり、状況によってはそれよりも高くつくことだってありますので注意が必要です。
沖縄旅行で一番お金のかかることは交通費でしょう。
自宅から空港まで、地元の空港から那覇空港まで、那覇空港から島内観光の移動手段など、すべての交通機関を定価で利用すると海外旅行並みに予算が必要となります。
そうすると金額の大きいものから少しでも削減しようとするのは当たり前のことです。
たとえば飛行機のノーマルチケットが半額になれば、1人の往復分料金でレンタカー代が浮くことになります。
そのレンタカー代もインターネットを通じて予約すると格安になり、しかもキャンペーンなどのお得な金額のものから選べば更に安い料金で観光をすることができます。

レンタカーを契約すると、沖縄の代表的な施設の割引券をくれますので、こちらを利用すれば1割から2割の値引きを貰え、レンタカー会社からの割引券を使ったことで、またまたランチ代分が浮くことになります。
つまり観光旅行に関する価格は、なにも関連なく利用すると定価になりますが、一度かかわりを持つと値引きやサービス品などの提供を受けて、さらにお得な情報を貰えることになります。
沖縄にはこんな素晴らしいお得なサイクルがありますが、格安航空券だけは実際に利用できるまで本当にお得なのかはわかりません。
予約はしていても実際に飛ばなければキャンセル扱いになってしまい、返金を受けることになります。
つまりドタキャンにあったわけですが、このあとずっと沖縄にいることもできないでしょうから、代わりの飛行機を手配して地元の戻ることになります。
この時のチケットは格安航空が動いていなければ、大手のノーマルチケットという事になります。
もし格安航空が動いていたとしても、同じように座席を確保できるまでには数日間はかかり、その間の宿泊費は自腹となってしまいます。
つまり出発時点から着々と貯めてきた貯金のようなものが、最後の飛行機代ですべてを吐き出し、もしかするとその貯金だけでは足りない事態になるかもしれません。
国内格安航空券(飛行機チケット)の比較・予約なら『旅歩ドットコム』利用した時には出発地の空港に戻るまで、本当に格安の観光旅行だったのかは分らないという事です。

ページ上に戻る