時間に余裕を持って

LCCを利用する場合には、気を付けておかなければいけないポイントがあります。
LCCは決められた時間までに搭乗手続きを済ませていないと、空席待ちをしている人に自分の席が渡ってしまい、自分はキャンセル扱いになってしまいます。

この時はキャンセル料が航空券の全額分となってしまいますので、それから以降の旅行の日程をすべてキャンセルしなければいけない場合もあります。
搭乗手続き締め切りの時間は各社によって違いますが、30分前が多いようですので一般的な15分前が頭に入っているようでしたら、気を付ける必要があります。
なお、格安航空券にはキャンセルや変更ができるタイプと、キャンセルや変更ができないタイプがあります。
チケットのグレードとして分けている場合と、オプションとして別料金を支払って対応できる場合がありますので、申し込みをする前に良く調べておくと良いでしょう。
また不測の事態に備えてキャンセル用の保険もありますので併せて検討してみると良いでしょう。
LCCはリスクが高く扱いづらいと考える人がいるようですが、社会一般の常識的な時間を守れば困ることは無いはずです。
30分前行動で大体のトラブルは防げますし、込んでいることを予測できるなら1時間前行動をすれば安心して利用することができます。
でもなかには時間ピッタリに行動したい人がいます。
こういうタイプの人はLCCには向かないかもしれません。
LCCでは時間通りに行動する人がリスキーだと思われるのは、それだけ救済措置が取られないことにあります。
不測の事態を好意で対処してくれていた今までの航空会社とは違い、事態の対処は有償でしか行わないと言うだけのことなのです。
考えてみればとてもシンプルなのですが、シンプル・イズ・ザ・ベストとまで好意的に評価する人が少ないのもまた事実なのです。
多少のリスクはあっても格安の料金を狙うのがLCCなのですが、人によっては「我々は貨物ではない」と言う人もいて、一定のサービスは必要であると考えている人が多いようです。

関連記事:

ページ上に戻る