格安航空券で知ってかなければいけないこと

ローコストを掲げるLCCはどんなに小さなことでも無駄を省いて、それを料金に反映させて低価格を維持しています。
多少は不便を感じることがあるかもしれませんが、それは日常的にタクシーを利用している人が路線バスを利用するほどの違いでは無いはずです。

つまり少しの時間を我慢すれば、格安航空でお得な旅行ができるという事なのです。
受けるサービスは最上を求め、支払う対価は最小を求めても、なかなかその希望に合ったものは無いものです。
まして恒久的なサービスを求めるのであれば、自分の中でも棲み分けをしておく必要があります。
格安航空券には料金の安さのメリットはありますが、その代わりキャンセルが利かないなどのデメリットもあります。
でもビジネスで利用するのであれば、頻繁にキャンセルすることがあるかもしれませんが、一般的な観光旅行では余程のことが無ければキャンセルすることは無いはずです。
その余程のことを心配していたら、知らない土地に観光旅行など行っても楽しめるわけがありません。
ですから計画段階であまりマイナス部分だけを心配していても仕方がないと思います。
飛行機に乗る場合には、目的地まで安全に運航することが第一条件です。
次に大事なことは約束通りに運行することです。
定刻が決まっている以上、時間通りに出発し予定通りに目的地に到着することが重要なのです。
この安全運航と定刻運航が守られていれば、価格や付加価値などを比較して利用客が航空会社を選ぶことができます。
もちろん安全上の観点から運航を中止することもあるでしょうが、規模の大きな航空会社は代替え機を用意できますが、小さな会社は代替え機を出すことができないこともあります。
また航空券を購入するときには原則としてはキャッシュかカードで支払うことになります。
お得な購入方法はクレジットカードの決済で、カードを使用すると後払いになることと、何よりも利用額にあわせてポイントが付与され、いずれ商品券などに交換してキャッシュバックを受け取ることができるのですから、高額なチケット代はクレジットカードで決済した方がお得です。

関連記事:

ページ上に戻る