機内サービスを求めるな

基本的にLCCの機内サービスは有料か、もしくはサービス自体がありません。
ローコストで運航している以上、機内食やドリンクサービスは人員の無駄と考えているようです。
コストを削減するうえで大きいのはやはり人件費なのかもしれません。

そんなコスト意識が高い格安航空券を発行するLCCで、サービスをあえて希望するのにはよほどの事情がある時なのだと思った方が良いでしょう。
一応、ワゴン販売はしていますが、LCCのスタンスはどうしても希望するなら有償で利用できるようにしますと言う感じです。
ただしJRのグリーン車に回って来るような、何でも積んでいるあのワゴンとは違いますので、あくまでも簡略化されたものだと思った方が良いでしょう。
そこで搭乗前に確認しておきたいのが機内持ち込みです。
国内線を使って旅行する場合には、多くのLCCが飲食を持ち込むことを認めています。
アルコール飲料以外であれば、ベルトサインが消えると持ち込みの食事をすることができます。
出発地の空港で買った好みのおにぎりや那覇の市街で調達したアメリカンサイズのハンバーガーなど、簡単に食べられる品物を選ぶといいでしょう。
ただしドリンクだけは検査場を通ってからの売店で購入するようにしましょう。
ペットボトルの飲料は不審物扱いとなって通らないことがありますので、検査場を通り抜けてから買うしか方法はありません。
また持ち込みOKでも消費不可と言うところもありますので、機内で食事をする予定であれば、事前にホームページなどで確認しておく必要があります。
ちなみにベルトサインが消えるとトイレに立つ人が多くなりますが、隣席のひとが席を立つとシートピッチが狭いため、一度通路に出なくてはいけなくなります。
もちろんですが、僅かな時間で戻ってきますので、落ち着いて食事をとる場合には隣席にも断りを入れておくと良いでしょう。
また食後の持ち込んだゴミは、飛行機を降りるときに持っていくようにしましょう。
これもまたLCCを利用して旅行するときのマナーとなっていますのでご注意ください。

関連記事:

ページ上に戻る