座席指定にこだわるな

飛行機には「良い席」と言うのがあります。
人によって違いますが長いフライトになればなるほど、居住空間の良い座席が人気となります。

多くの利用者は飛行機に乗り込むとき、機内の通路に並んで着席待ちをすることを嫌います。
また到着後も我先にと一番に降りたいと願う人たちが、ドアオープンよりも前に通路に並びドアの解放待っています。
いけないことなのですが、ベルトサインが消える前から上部の棚を開けて自分の荷物を下ろす人もいます。
そんな人にとっては機体前部の解放されるドア付近の席が精神的に安心できるのでしょう。
ちなみに機体前部の希望者は非常に多いのですが、飛行機はバランスよく配置することで安定するため、前部にだけ人が集まることはありません。
またエコノミークラスの座席は前席との間隔が狭いため、前方の無い座席は足を投げ出して座ることができ便利と言う人もいます。
もちろん前席の背もたれの後ろにあるテーブルやポケットが無い分、不便を感じるかもしれませんが、非常口横の座席は人気が高くなります。
そして、もうひとつが後部座席です。
機内の座席は最前部から最後部まで切れ目なく並んでいる小型機もありますが、ほとんどの機体は中間にいくつかの通路を設けていて、その手前が後部座席となります。
後ろに人がいないという事は、気兼ねすることなく背もたれを倒すことができますので、飛行中でも圧迫感が無く過ごすことができ、こちらも人気の座席となります。
那覇空港着の格安航空券を利用するLCCの場合には、そんなに急いで降りる必要はないでしょう。
旅行の時に手ぶらで飛行機に乗ることは無いでしょうから、急いで降りても機内に預けた荷物が運び出されて受け取れるまでには相当な時間がかかります。
荷物の受取場所での待機時間はおよそ全員が降りてくるまでかかると思った方が良いでしょうから、先を急ぐ目的で前部のシートに座った人は旅行の荷物がでてくる場所でずっと立って待つことになります。
できれば最後まで座っていて、ちょうどいいタイミングで荷物を受け取るゆとりを持ちたいものです。

関連記事:

ページ上に戻る